HOME > 30. ICTの活用による地域課題解決

30. ICTの活用による地域課題解決


本科目は、現代人の社会的・職業的自立に必須の基盤となる能力の一つであるInformation and Communication Technology(ICT)の基礎と応用事例を学習し、さらに、具体的な課題解決の提案書の作成を通じて、従来の考え方に囚われずに物事を前に進めていく「基礎的・汎用的能力」、その中でも特に、様々な課題を発見・分析し、適切なビジョンを描き、その課題を解決に導く「課題対応能力」を育成し、受講者の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力と態度を養成します。 また、ICTの3本柱であるAI、Blockchain及びIoTを中心に各技術の基礎を理解した上で、これらを応用し、解決を行える人材を育成するため、対象分野におけるデジタル化による新しい世界観を踏まえ、課題解決に向けた提案書作成の手法を学習する総合的な内容を扱います。
 具体的には、AI、Blockchain及びIoT技術内容と国内外におけるデジタル化の事例、先端技術を活用した業界ユースケースの講義を踏まえ、シビックテックやオープンデータの考え方や必要性について学び、ワークショップ形式でICTを活用した地域課題解決を検討し、企画提案書を作成します。

印刷 終了いたしました

このセミナーをチェックリストに追加する。チェックリストに追加するにはログインが必要です。

公開講座・公開授業詳細

 
2022年度 琉球大学公開授業(前学期)


 

30. ICTの活用による地域課題解決  専門科目

 

講義内容

 本科目は、現代人の社会的・職業的自立に必須の基盤となる能力の一つであるInformation and Communication Technology(ICT)の基礎と応用事例を学習し、さらに、具体的な課題解決の提案書の作成を通じて、従来の考え方に囚われずに物事を前に進めていく「基礎的・汎用的能力」、その中でも特に、様々な課題を発見・分析し、適切なビジョンを描き、その課題を解決に導く「課題対応能力」を育成し、受講者の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力と態度を養成します。 また、ICTの3本柱であるAI、Blockchain及びIoTを中心に各技術の基礎を理解した上で、これらを応用し、解決を行える人材を育成するため、対象分野におけるデジタル化による新しい世界観を踏まえ、課題解決に向けた提案書作成の手法を学習する総合的な内容を扱います。

 具体的には、AI、Blockchain及びIoT技術内容と国内外におけるデジタル化の事例、先端技術を活用した業界ユースケースの講義を踏まえ、シビックテックやオープンデータの考え方や必要性について学び、ワークショップ形式でICTを活用した地域課題解決を検討し、企画提案書を作成します。

 


■担当教員/高畑 明尚(国際地域創造学部 教授)

         畑中 寛(地域連携推進機構 特命准教授)

 

■初回授業日/4月23日(土)

 
■場所
Zoomを用いた遠隔講義

 
■曜日・時限/集中講義(土曜日・3~5時限目)

          12:50 ~ 17:50

          前学期集中講義(詳細は こちら よりご確認ください)

 
■受講料(単価料金
4,800円

 

■定員/10

 

■受講者への連絡方法/課題や休講等についての連絡はメールにて行います。

■備考/受講を希望される方は、お申し込みの前に、公開授業・公開講座担当窓口までご連絡ください。
「アクティブシンクタンク」社会人向け目的別人材育成プログラム
、「初級地域公共政策士」資格認証科目
「初級地域公共政策士」の取得を目指す行政職員・NPO職員・民間企業社員等に授業を公開します。

対面でフィールドワーク(まち歩き)を1日(土曜日または日曜日)実施する予定です。

Zoomでグループワークを行うため、デスクトップPCまたはノート型PCでの受講が必須となります。

グループワークの支援ツールとして「Slack」を利用します。





【前学期 仮申込み期間】2022年3月15日(月)~3月28日(月)

予約サイトで仮申し込みを行った後、受付完了のメールが届きます。
※令和4年度前学期は令和3年度に引き続き「公開授業受講カード」の手続きを実施いたしません。(基本的に仮申し込みをそのまま本申し込みとして扱います。)


複数科目受講する場合は、お得な定額料金がご利用になれます。
詳しくは「受講手続き」をご確認ください。

*****************************************
■仮申し込みについての注意事項■
・定員に達し次第締め切ります。
仮申し込み後、本学より受付完了の連絡がない場合は担当窓口までお問合せください。
・仮申し込みを行っていない科目については本登録ができない場合があります。
希望する科目の追加やキャンセル、ご住所や連絡先などに変更が生じた場合は担当窓口までご連絡ください。
*****************************************

【公開授業/公開講座  担当窓口】

琉球大学 総合企画戦略部 地域連携推進課
〒903-213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地(大学本部棟1階)
Tel:098-895-8019(平日8:30~17:15) Fax:098-895-8185

 

 

講座・授業名 30. ICTの活用による地域課題解決
講師名 高畑 明尚(国際地域創造学部 教授) 畑中 寛(地域連携推進機構 特命准教授)
開催日時 2022年 4月 23日  12時 50分 
定員 10名
会場 ※Zoomを用いた遠隔講義
会場の連絡先 098-895-8019
所在地 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
受講料 4,800円 
お支払い方法 各科目の担当教員から受講カードに承認印をもらった後、受講料を下記の口座へお振り込みください。
--------------------------------------------------
振込先銀行:琉球銀行宜野湾支店
口座番号 :普通430-384
口座名義 :国立大学法人琉球大学
ご依頼人名:(受講者本人のお名前をご記入ください)
--------------------------------------------------

■大学からは請求書等の送付はいたしませんのでご注意ください。

■ご依頼人名は受講者本人のお名前をご入力ください。ご本人以外の名義でご入金される場合は、公担当窓口へご連絡ください。お支払期日を過ぎても入金確認ができない場合は、本学より確認の連絡を行います。

■受講料納入の際の振込手数料は、受講者負担となります。

■受講料納入後は、科目変更や定額料金の変更・払戻しはできません。

■受講料にテキスト代等は含まれておりません。テキストが必要な場合は担当教員の指示に従って、ご自身でご用意ください。大学生協で取り扱っている場合もあります。
申込開始 2022年 3月 15日 
申込締切 2022年 3月 28日 
準備するもの ■仮申し込み後、受付完了のメールが届きます。※令和4年度前学期は令和3年度に引き続き「公開授業受講カード」の手続きを実施いたしません。(基本的に仮申し込みをそのまま本申し込みとして扱います。)
キャンセルについて キャンセルを希望する場合は必ず下記までご連絡ください。
原則として、一度納入された受講料は、キャンセルをした場合でも払戻しはできません。

琉球大学地域連携推進課(公開授業・公開講座担当窓口)
TEL:098-895-8019 
FAX:098-895-8185
E-mail:koukai@acs.u-ryukyu.ac.jp
備考 ■受講者への連絡方法/課題や休講等についての連絡はメールにて行います。

■備考/受講を希望される方は、お申し込みの前に、効果授業・公開講座担当窓口までご連絡ください。
「アクティブシンクタンク」社会人向け目的別人材育成プログラム、「初級地域公共政策士」資格認証科目。「初級地域公共政策士」の取得を目指す行政職員・NPO職員・民間企業社員等に授業を公開します。
対面でフィールドワーク(まち歩き)を1日(土曜日または日曜日)実施する予定です。
Zoomでグループワークを行うため、デスクトップPCまたはノート型PCでの受講が必須となります。
グループワークの支援ツールとして「Slack」を利用します。
主催者 琉球大学
お問い合わせ先 098-895-8019   [メールでのお問い合わせはこちら]

印刷 終了いたしました