HOMEお知らせ › 【重要】台風時における講義について

お知らせ

2018.06.15

【重要】台風時における講義について

 
【公開授業の対応】
沖縄本島内に暴風警報又は暴風特別警報が発表されている間は、授業及び期末試験(以下「授業等」という。)を休講とし、期末試験を予備日に順延します。
沖縄本島内に大雨特別警報が発表されている間は、授業等を休講とし、期末試験を予備日に順延します。

暴風警報等の解除に伴う授業等の取扱いは次に掲げるとおりとします。
(1)午前6時30分までに、暴風警報等が解除された場合は、第1時限から授業等を行います。
(2)午前11時までに、暴風警報等が解除された場合は、第3時限から授業等を行います。
(3)午後4時までに、暴風警報等が解除された場合は、第6時限から授業等を行います。
(4)午後4時までに、暴風警報等が解除されない場合は、当日行われる予定の授業等は引き続き休講とし,期末試験を予備日に順延します。

【公開講座の対応 ※各講座毎に異なります。】
※基本方針のため、担当教員に確認後、こちらから連絡を差し上げる場合がございます。

暴風等による事故の発生を防止する事を目的とし,暴風警報及び気象等に関する特別警報発表に伴う
公開講座の取扱いついて、下記のとおり取扱います。

(1)沖縄本島内に暴風警報又は暴風特別警報が発表されている間は,公開講座を休講とする。
1.沖縄本島内中南部市町村(別表)の全域又は一部に大雨特別警報が発表されている間は,
公開講座を休講とする。
2.第1項及び第2項に定める暴風警報,暴風特別警報又は大雨特別警報(以下「暴風警報等」とい
う。)が公開講座の開始後に発表された場合は,速やかに公開講座を休講とする。

(2) 暴風警報等の解除に伴う公開講座の取扱いは次に掲げるとおりとする。
1.公開講座開講時間の2時間前に暴風警報等が解除された場合は,通常どおり公開講座を行う。

2.午後4時までに,暴風警報等が解除されない場合は,当日行われる予定の公開講座は引き続き
休講とする。