HOMEお知らせ › 【重要】台風時における講義について

お知らせ

2019.03.12

【重要】台風時における講義について

 
【公開授業の対応】


沖縄本島内に暴風警報又は暴風特別警報が発表されている間は、授業及び期末試験(以下「授業等」という。)を休講とし、期末試験を予備日に順延します。
沖縄本島内に大雨特別警報が発表されている間は、授業等を休講とし、期末試験を予備日に順延します。

暴風警報等の解除に伴う授業等の取扱いは次に掲げるとおりとします。
(1)午前6時30分までに、暴風警報等が解除された場合は、第1時限から授業等を行います。
(2)午前11時までに、暴風警報等が解除された場合は、第3時限から授業等を行います。
(3)午後4時までに、暴風警報等が解除された場合は、第6時限から授業等を行います。
(4)午後4時までに、暴風警報等が解除されない場合は、当日行われる予定の授業等は引き続き休講とし,期末試験を予備日に順延します。


【公開講座の対応】


暴風警報及び気象等に関する特別警報発表の場合の公開講座の取扱いに関しては,暴風等による事故の発生を防止するため,以下のとおり取扱うことといたします。


第1 公開講座については,暴風警報及び気象等に関する特別警報発表がなされる可能性が非常に高い場合,各公開講座担当講師に確認し,中止または延期の判断の上,講座開始の前日までに受講申込みのあった方にご連絡をいたします。

 

第2 公開講座の開講にあたって,暴風警報及び気象等に関する特別警報発表がなされる可能性が不透明である場合,原則として第3以降のとおり取扱うことといたしますので,各自,気象情報にご注意ください。

 

第3 公開講座開催会場(サテライト配信を行う講座を除く。)に暴風警報,暴風特別警報又は大雨特別警報(以下「暴風警報等」という。)が発表されている間は,公開講座を休講とします。

2 暴風警報等が公開講座の開始後に発表された場合は,速やかに公開講座を休講とします。

3 暴風警報等の解除に伴う公開講座の取扱いは次に掲げるとおりとします。

(1)午前6時30分までに暴風警報等が解除された場合は,8時30分以降に開講時間が設定された講座について,公開講座を開講します。

(2)午前11時までに暴風警報等が解除されない場合は,12時50分から17時

50分までに開講時間が設定された公開講座を休講とします。

(3)午後4時までに暴風警報等が解除されない場合は,当日行われる予定の公開講座は引き続き休講とします。

 

第4 サテライト配信を行う講座について,配信元となる主会場については第3に準じます。また,配信元が休講となった場合は,配信先も休講となります。

2 配信先となる会場に暴風警報等が発表されている間は,当該会場については公開講座を休講とします。

3 配信先となる会場に暴風警報等が公開講座の開始後に発表された場合は,当該会場については速やかに公開講座を休講とします。

4 暴風警報等の解除に伴う公開講座の取扱いは次に掲げるとおりとします。

(1)午前6時30分までに暴風警報等が解除された場合は,8時30分以降に開講時間が設定された講座について,公開講座を開講とします。

(2)午前11時までに暴風警報等が解除されない場合は,12時50分から17時

50分までに開講時間が設定された公開講座を休講とします。

(3)午後4時までに暴風警報等が解除されない場合は,当日行われる予定の公開講座は引き続き休講とします。

5 ただし,各項にかかわらず,各サテライトキャンパス及び本学の判断により会場が使用できない等の場合は,それに従い休講とします。